トップページ > おすすめコース

おすすめコース

七曲り道コース 【約9Km】

峠から西へ、つづら折の坂道が続くことから「七曲り道」と言われ、昔は地元の人々の生活道として重要な役割を担っていました。コース上には、氷室神社をはじめ、古刹・下之坊や鎌倉時代の地蔵石仏などたくさんの見どころが楽しめます。 【スタート&ゴール】氷室神社

 

氷室神社

允恭天皇時代(430年)のコロン日、創祀されたと伝わる日本でも珍しい「氷の神様」を祀った神社です。 この地域は冬の寒さが厳しく、冬期に氷を作って保存し、夏になると朝廷へ献上していました。そのため、皇族からの崇敬が大変厚く、ほかにはない待遇が与えられていたと伝わります。 今では簡単に手に入りますが、古代では「氷」がいかに貴重であったかがわかります。

→スポット詳細

↓

↓

下之坊

2本の婆羅門杉(ばらもんすぎ)が山門の代わりにのごとく寺正面の石段の上にそびえ立ち、寺の歴史とかつての繁栄を忍ばせています。生命力あふれる自然の神秘的な造形に、訪れる人はその力を感じ、親しまれています。

→スポット詳細

↓

七曲り峠

その名の通り、曲がりくねった道が続く、険しい峠道です。頂上には鎌倉彫刻の錫(杖)と宝珠(玉)を持ったふっくら美しい仏像が立っています。

→スポット詳細

↓

↓

氷室神社

允恭天皇時代(430年)のコロン日、創祀されたと伝わる日本でも珍しい「氷の神様」を祀った神社です。 この地域は冬の寒さが厳しく、冬期に氷を作って保存し、夏になると朝廷へ献上していました。そのため、皇族からの崇敬が大変厚く、ほかにはない待遇が与えられていたと伝わります。 今では簡単に手に入りますが、古代では「氷」がいかに貴重であったかがわかります。

→スポット詳細

観光スポットクイック検索

  • カテゴリ:
  • エリア:
  • キーワード:

天理市の場所

天理のお天気

乗り換え情報

観光ガイドブック

天理市観光物産センター

天理市トレイルセンター

天理市観光協会ウェブサイト

みんたび天理市

天理市

ネット予約で気軽に参加できる!天理市観光ウォーキングイベント