トップページ > おすすめコース

おすすめコース

ノルディックウォーキングde健康キレイ【約13km】

日本最古の宮、石上神宮を参拝した後、「北・山の辺の道」・「伝・山の辺の道」・「上街道」といった、それぞれ見どころや性質も異なる3つの道をノルディックウォーキングで歩いて、JR櫟本駅を目指すコースです。

 

天理駅・天理駅前広場コフフン

JR万葉まほろば線天理駅と近鉄天理線天理駅が隣接しています。「山の辺の道」の起点・終着点として有名です。駅の西側にはバスターミナル、タクシー乗り場があり、広大な駅前広場の地下にある駐輪場は収容台数は自転車2,500台、原付300台を誇り、多くの学生たちが利用しています。「天理総合駅」とも呼ばれ、JRと近鉄が隣接。奈良各方面への観光・ビジネスに便利。 また、天理駅前広場コフフンには、屋外ステージやカフェ、子どもたちに大人気の巨大トランポリン等があり、たくさんの方の憩いの場となっています。 公式ホームページはコチラへ。(http://cofufun.com/)

→スポット詳細

↓

天理本通り商店街

天理の玄関口である天理駅(近鉄・JR)と天理教教会本部を結ぶ東西約1キロメートルのアーケード商店街。 天井が非常に高く解放感があり、天井近くの両側に梅を象ったレリーフが並びレトロな雰囲気です。 平成29年4月、駅前広場のリニューアルとともに、アーケード入口のデザインをリフレッシュ。駅前広場“コフフン”とイメージを統一し、人々が行きかうイラストや近隣スポットの案内も盛んで、駅前から山の辺へ続く、賑わいのある商店街をアピールしています。 巾の広い通路の両側に飲食店、青果店や多数ならび、天理教関連の神具や教具を扱う店舗も多く、天理スタミナラーメンの店舗もあります。学生のまち・天理らしく、近年は若い年代の人たちが起業して出店しています。 天理教の法被を着た信者さんも多く行きかい、月次祭(毎月26日)前後、春季・秋季大祭や夏のこどもいぢばがえりなど行事のある時節はかなりの人出となります。

→スポット詳細

↓

天理教本部神殿

天理教は教祖(おやさま)・中山みきにより、1838年に開かれ ました。神殿は、「ぢば」を中心に、四方に建てられています。 この「ぢば」を訪れることは、人間の故郷に帰るという意味か ら「おぢば帰り」と呼ばれています。この機会に、人々の祈りに 満ちた聖地を訪れてみてください。

→スポット詳細

↓

石上神宮

市街地の東山麓、鬱蒼とした杜の中に鎮まるのが石上神宮です。天理駅からスタートする山の辺の道の起点となります。  国宝七支刀をはじめ、白河天皇が皇居の神嘉殿(しんかでん)を寄進されたという拝殿など、多くの貴重な文化財を伝える境内は静寂そのもので、その中を自由に羽ばたく鶏の姿に、古き良き日本の風景を見ることができます。

→スポット詳細

↓

白川ダム

楢川の上流に作られた白川ダムは、楢川・高瀬川の洪水を水路でダムに流して洪水調節する、2河川の洪水調節ダムである。また、農業用水としても利用されている。

→スポット詳細

↓

櫟本公民館

「まなぶ・むすぶ・つどう」をコンセプトに大小会議室をはじめ、和室や自習室、図書室、 遊戯室を設けており、個人でもグループでもいろいろな用途で、気軽にご利用いただけます。 八角形のユニークなフォルムの新館には料理室やくつろぎスペース、地域の特産品紹介や 販売コーナーもあります。

→スポット詳細

↓

和爾坐赤坂比古神社

JR櫟本駅から直線で約1.4㎞。駅から東へ進み、小高い所にある和爾の集落の最も高いところに鎮座しています。 和爾の集落は5世紀後半から6世紀中頃にかけて、9人の后妃を出したといわれる「ワニ(和爾)」氏の本拠があった場所と言われ、日本書紀記載の「和爾坂」もこの近辺にあったものと考えられています。 元は集落の東方、小字「天神」に社地があったと伝えられ、その西に宮前という地名が残っています。  赤坂比古とは、主神阿田賀田須命(あだかたすのみこと)の別名とされ、和爾神ともいいます。東大寺二月堂の「神明帳」には和爾大明神との記載があり、この神のことを指しています。 現在は、阿田賀田須命の他に市杵島比賣命(いちきしまひめのみこと)が祀られています。  本殿は檜皮葺春日造りで、例祭は9月24日です。  境内には他に末社の春日大社と八幡神社があります。江戸時代まで常薬寺がありましたが、明治初年に廃寺となり、仏像は隣の善福寺に移されたそうです。 (天理市観光協会ホームページより抜粋)

→スポット詳細

↓

楢神社

 『日本書紀』崇神天皇十年の条に出てくる、古い神社です。明治維新から昭和31年までは「五十狭芹彦(いさせりひこ)神社」と呼ばれていました。祭神の五十狭芹彦命は孝霊天皇の皇子で、鬼子母神を本地とすることから、子供の守護神として、また子授けの神として崇敬されています。また、境内には8代目市川団十郎が奉納した実増井(三枡井・みますい)の井筒があり、井戸水は子供を授かる霊水といわれています。

→スポット詳細

↓

JR櫟本駅

櫟本駅の駅舎は、一八九八年の創業以来、ほぼ当時の姿で立っています。 国内でもかなり古い現役木造駅舎のひとつで、外壁や柱、瓦屋根、曲線の細工に、明治建築の名残が見られます。 跨線橋も木造。支える鉄柱はなんと古いレール。またホーム下層に見えるのは、当時のレンガ積み。 百年生きたお爺さん駅舎が見守るなか、今日も人々を乗せた列車が走っています。

→スポット詳細

観光スポットクイック検索

  • カテゴリ:
  • エリア:
  • キーワード:

天理市の場所

天理のお天気

乗り換え情報

観光ガイドブック

天理市観光物産センター

天理市トレイルセンター

天理市観光協会ウェブサイト

みんたび天理市

天理市

ネット予約で気軽に参加できる!天理市観光ウォーキングイベント