トップページ > おすすめコース

おすすめコース

はにわの里コース 【約10Km】

在原業平・柿本人麻呂ゆかりの地でもあり、また、東大寺山古墳をはじめおびただしい数の古墳が点在するなど、まさにいにしえのロマンと万葉びとの心にふれるみちすじといえます。
【スタート&ゴール】JR櫟本駅

 

JR櫟本駅

櫟本駅の駅舎は、一八九八年の創業以来、ほぼ当時の姿で立っています。 国内でもかなり古い現役木造駅舎のひとつで、外壁や柱、瓦屋根、曲線の細工に、明治建築の名残が見られます。 跨線橋も木造。支える鉄柱はなんと古いレール。またホーム下層に見えるのは、当時のレンガ積み。 百年生きたお爺さん駅舎が見守るなか、今日も人々を乗せた列車が走っています。

→スポット詳細

↓

在原神社

JR櫟本駅から東へ進んだ名阪国道南側の側道沿いにあり、「伊勢物語」の作者である在原業平とその父・阿保親王が祀られています。境内では伊勢物語に歌われた「筒井筒ゐづつにかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹見ざるまに」の歌や、伊勢物語をヒントに作られた謡曲の「井筒」に登場する「筒井筒」、「一むらの薄(すすき)」の石標、松尾芭蕉の句碑などを見ることができます。また、業平が河内の高安まで通ったという「業平道」の一部が、今も神社の西の方に残っています。 標石が示すとおり、元々は在原寺と業平神社がありましたが、明治時代の廃仏毀釈で在原寺が廃され、業平神社は在原神社になりました。

→スポット詳細

↓

和爾下神社

古墳(古墳時代前期)の上に所在します。本社大己貴命(一名大国主命)、素盞鳴命(すさのおのみこと)、稲田姫命が祀られています。本殿は、桁行三間、梁間二間、一重、切妻造、向拝一間、檜皮葺で桃山時代の様式をそなえ、国の重要文化財に指定されています。毎年、7月14日に祇園祭、10月第2日曜日には秋祭りが行われ、屋台などで賑わいます。

→スポット詳細

↓

白川ダム

楢川の上流に作られた白川ダムは、楢川・高瀬川の洪水を水路でダムに流して洪水調節する、2河川の洪水調節ダムである。また、農業用水としても利用されている。

→スポット詳細

↓

楢神社

 『日本書紀』崇神天皇十年の条に出てくる、古い神社です。明治維新から昭和31年までは「五十狭芹彦(いさせりひこ)神社」と呼ばれていました。祭神の五十狭芹彦命は孝霊天皇の皇子で、鬼子母神を本地とすることから、子供の守護神として、また子授けの神として崇敬されています。また、境内には8代目市川団十郎が奉納した実増井(三枡井・みますい)の井筒があり、井戸水は子供を授かる霊水といわれています。

→スポット詳細

↓

JR櫟本駅

櫟本駅の駅舎は、一八九八年の創業以来、ほぼ当時の姿で立っています。 国内でもかなり古い現役木造駅舎のひとつで、外壁や柱、瓦屋根、曲線の細工に、明治建築の名残が見られます。 跨線橋も木造。支える鉄柱はなんと古いレール。またホーム下層に見えるのは、当時のレンガ積み。 百年生きたお爺さん駅舎が見守るなか、今日も人々を乗せた列車が走っています。

→スポット詳細

観光スポットクイック検索

  • カテゴリ:
  • エリア:
  • キーワード:

天理市の場所

天理のお天気

乗り換え情報

観光ガイドブック

天理市観光物産センター

天理市トレイルセンター

天理市観光協会ウェブサイト

みんたび天理市

天理市

ネット予約で気軽に参加できる!天理市観光ウォーキングイベント