石上神宮 御例祭「ふるまつり」

シェア

シェアする

上街道クリーン作戦

上街道クリーン作戦

上街道クリーン作戦

PDFパンフレットダウンロード

当神宮最大の祭典で、「ふるまつり」とも、また市内の田町(旧田村)の御旅所まで渡御するので
「田村渡り(たむらわたり)」とも呼ばれています。
午前中、田町より衣冠姿の稚児が騎馬で従者を伴い御幣(ごへい)を捧持して社参します。
その後、午前10時から例祭を斎行、この時稚児より荷前(のさき・新穀の穂のついたままの稲株)
が奉られ奉幣(ほうべい)の儀を行います。

午後1時に渡御行列が進発、田町の御旅所(おたびしょ)まで片道4キロを往還して、午後4時に
還御祭(かんぎょさい)が行われます。
渡御の行列は総勢200人に及び、御霊代(みたましろ)を奉安する御鳳輦(ごほうれん)は県内
最大規模のもので、華麗な時代行列をくりひろげます。
なお、例祭前日には宵宮祭(よいみやさい)、翌日には後宴祭(ごえんさい)が斎行されます。

・御渡りの行程は添付PDFをご参照ください

お問い合わせ先

TEL:0743-62-0900

石上神宮

シェアする

天理市を検索

日付で探す

ジャンル・フリーワードで探す