柿の葉ずし 総本家平宗

シェア

奈良の食の代表としても全国に知られる「柿の葉ずし」 古くは熟れずしの流れをくみ、薬効のある柿の葉を使って、海の幸(鯖)、山の幸(柿の葉)、地の恵み(お米)が三位一体となった昔人の知恵の結晶、「つつむというやさしい文化」そのものです。
老舗・平宗の創業は戸時代末期、文久元年(1861年)。坂本龍馬ら幕末の志士たちが活躍していた頃です。伊勢街道筋として栄えた吉野・上市で、すし・川魚・乾物の製造販売を始め、明治には料理旅館を営み、夏祭りのご馳走として吉野の家庭で作られていた柿の葉ずしを遠来のお客様に振る舞いました。それがきっかけとなり、吉野名物、人気商品となっていったそうです。

通信販売では、厳選材料を使用し、一つ一つ丁寧に調製した平宗伝統の定番・柿の葉ずしや焼鯖の棒ずし、大和牛ローストビーフ棒ずしなどをセットにした商品をご用意しました。奈良県産コシヒカリ100%のシャリのおいしいさを保つために、冷凍手法にも独自の研究を重ねた「こおりずし」で風味そのままに全国にお届け。バラエティあふれるメニューをいつでも手軽にご家庭で味わえます。

《小耳ばなし》本社工場では、地域の学校、観光のお客様を対象に、奈良の食文化を「学んで」「作って」体験できる『柿の葉ずし手作り体験』を実施しています。

シェアする

↑最大10件表示になります。レイアウト崩れです。

シェアする

天理市を検索

カテゴリー

エリア

キーワード