南檜垣営農組合

シェア

 天理市南部、桜井市、田原本町と接し、田園風景が広がる檜垣町。農事組合法人 南檜垣営農組合は、平成27年度第53回農林水産祭において、奈良県から日本農林漁業振興会会長賞(部門:むらづくり)を受賞しました。地域農業者の高齢化や兼業化による担い手不足の中、地域の人的資源をフル活用した集落営農を行い、独自ブランド米の確立や都市農村交流等への積極的な取り組みが高く評価されています。
大和・柳本古墳群に囲まれた自然豊かな地域で採れた特別栽培米「大和ひみこ米(ひのひかり)」と青大豆(あやみどり)から作った「大和ひみこ味噌」は、添加物を使わないなど安全、安心とおいしさを追求し、試行錯誤を重ねたオリジナル商品。12月上旬からの期間限定販売です。
 ねっとりと甘い「味間芋(あじまいも)」は、サトイモの在来種。伝統野菜として、平成26年奈良県が「大和野菜」に認定しました。きめが細かくて粘りが強く、ねっとりとしたとろける食感とコクがあります。 煮物や田楽、蒸し料理やみそ汁に最適で、奈良県の郷土料理には欠かせない食材。12月中旬頃からの販売です。
《小耳ばなし》秋には稲刈り体験会や「大和ひみこ米」収穫祭などを催し、生産者と組合員の交流を図っています。

シェアする

↑最大10件表示になります。レイアウト崩れです。

シェアする

天理市を検索

カテゴリー

エリア

キーワード